全国的に広がっている空き家問題

解決策を知る

今、問題になっている空き家問題を解決するために施行された法律が「空き家対策特別措置法」です。この法律は特に危険度が高い空き家を「特定空き家」と定義します。特定と指定された空き家は行政が介入することができ、自治体によって様々な対策を講じることができます。

空き家対策特別措置法の具体的な対策は、もし特定の空き家に指定されてしまったら、自己負担で早急に解体しなければいけません。そうしなければ行政から強制的な対処を求められてしまいます。それでも解体しなければ、固定資産税の納税額が増えてしまいます。固定資産税が増えてしまうことは何のメリットもありません。

しかし、解体費用の捻出も苦しいと悩んでいる人がいるのも事実です。そのような人をサポートするために、解体費用の補助をしてくれる自治体もありますが、自治体が推進している補助の制度のことを知らない人も多いです。

今までは、行政も個人の財産に対して強制的に介入することができない現実がありました。しかし空き家対策特別措置法が施行されてからは、行政や各自治体も積極的に空き家問題に取り組んでいる現状があります。だからこそ個人が積極的に空き家問題と向き合い、自分の財産をどうすれば良いかを理解していかなければいけません。