全国的に広がっている空き家問題

なぜ解体できないのか

空き家問題は深刻な状況になっています。しかし、ここで疑問に感じる人もいるはずです。なぜ誰も住んでいない家を簡単に解体できないのかと。誰も住んでいないのであればすぐにでも解体をし、更地になった土地を有効活用することができそうだと素人だったら考えてしまうものです。しかし、現実はそう簡単にはいかない事情があります。

空き家が増えている原因の1つに税金が大きく関わってきます。建物を解体すれば税金が安くなりそうなものですが、実際にはその逆で、住宅がない更地の土地は固定資産税が高くなってしまうように設定されている自治体が多い現状があります。せっかくお金をかけて空き家を解体しても、税金が高くなってしまうのであれば、解体しないでそのまま放置したほうが良いと考える人がいる現実があります。

また空き家の中には「再建築不可」の建物が含まれています。これは建築基準法が関わってきますが、一度建物を解体してしまうと、その場所に二度と建物が建てられないという決まりがあります。税金だけでなく建築基準法の影響もあって、解体したくてもできない建物が全国にたくさんあります。様々な原因があり空き家問題が深刻化しているからこそ、各自治体も様々な特例を設けて解体を促しています。