全国的に広がっている空き家問題

空き家問題とは

全国的に広がっている空き家問題とは、人が住んでいない家がそのまま放置されていることを指します。これは様々な問題を引き起こし、家を放置していることで多方面に多大な迷惑をかけてしまうということで問題となっています。空き家が適切に管理されていないと、周辺住民へ悪影響を及ぼしてしまいます。

問題点として、建物が傷んでくることで建材などの材料が散乱してしまう可能性があります。そうなってしまうと周辺住民の人が怪我をしてしまう危険性が高くなります。特に小さい子供がいる家庭などは安心して住むことが出来なくなってしまうでしょう。

さらに、古くなって手が加えられていない建物は地震が起こったら簡単に倒壊してしまう危険性もあります。今、日本全国各地で地震が起こる危険性が高まっているので、地方の田舎だけでなく、都市部の空き家も十分に危険な状況に陥ってしまう可能性が高いです。

空き家は建物の危険性だけではありません。景観を損ねてしまい、空気が乱れてしまうと、そこに不審者が訪れる可能性があります。そうなってくると治安が悪くなってしまったり、ゴミの不当投棄をしていく輩が出現してしまう可能性があります。一度負のスパイラルに陥ってしまうと、なかなか問題を解決できなくなってしまいます。